-有限会社ライフビジョン  
講 師 紹 介
 奥井禮喜
 有限会社ライフビジョン代表取締役 
 経営労働評論家
 OnLineJournalライフビジョン発行人
 週刊RO通信発行人
 ライフビジョン学会顧問
 ユニオンアカデミー事務局

1974年 8月
三菱電機労働組合中央執行委員

1976年
日本初の人生設計セミナー開発実践、人事・労働界で執筆と講演活動を展開

1982年 8月
労働コンサルタントとして独立

1986年 7月
(有)アイ・エフ・ジー・ラボ(現・ライフビジョン)設立
個人の学習活動を支援するライフビジョン学会(1993)、労組リーダーの学習を支援する「21組合研究会」(1996)、「ユニオンアカデミー」(2002)を組織運営
1995年
週刊コラムRO通信創刊

2006年
On Line Journal ライフビジョン ( http://www.lifev.com ) 創刊



 片山洋子
 有限会社ライフビジョン取締役−− 
 日本労働ペンクラブ会員
 OnLineJournalライフビジョン編集長
 ライフビジョン学会常務理事


三菱電機労組特別中執時代、婦人部の設立にかかわり、電機労連専門委員などの活動を経て1985年三菱電機を退社、 (有)ライフビジョンの設立に参加し、現在に至る。人生設計、組織活性化、ワーク・ライフバランス他の講演・執筆、サラリーマン&OBのライフスタイル研究、働く女性の元気を引き出す機関誌企画などで活動中。



講師プロフィールはこちらでも公開中

中央職業能力開発協会(厚生労働省外郭)
http://www.adds.javada.or.jp/adds/

東京都産業労働局「はたらくネット」
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/cgi-bin/lecture/search.cgi?field=spec&value=21&No=2


活動紹介記事リンク

■ 2007年10月12日(金)茨城県労働福祉会館5階の大会議室で連合茨城男女平等参画推進委員会主催の学習会で、片山 洋子が「ワーク・ライフ・バランスに気をつけろ!」と題して講演しました。
http://ws1.jtuc-rengo.or.jp/ibaraki/news/news2007.10.16.htm

■ 2007年7月26−27日(金)西日本生産性会議2007、第二日目の 「働き方の多様化の進展と労使の挑戦」で、奥井禮喜がコーディネーターを勤めました。
http://www.spc21.jp/etc/h19/19.7.26nishinihonkaigi.htm

■ 2007年3月31日(土)午前10時より茨城県労働福祉会館大会議室において連合茨城中小労組解決促進集会が開催されました。奥井禮喜が基調講演を行いました。
http://ws1.jtuc-rengo.or.jp/ibaraki/news/news2007.4.17.htm

■ 2006年12月1日(金)〜2日(土)の二日間にわたって行われた、『電機連合東海ブロックユニオンセミナー』で、奥井禮喜が『労働組合の役割と必要性』を講演しました。
http://www.takenet.or.jp/d.gifu/gyouji/2006nendo/yunion061201.html

■ 2004年11月9日(火) 宮城労福協でいきライフプランセミナー「退職準備教育研修会」で、片山洋子が定年退職後の健康と家庭経済、生きがいをどのように計画・実行するかなど新たな視点でのセミナーをコーディネートしました。
http://www.rofuku.net/network/a_view.php?num=414

■ 2004年7月15日(木)、16日(金)の2日間、福岡市のホテルオークラ福岡において、中部・関西・四国・九州生産性本部の共催による西日本生産性会議2004が開催されました。西日本各地の企業・労働組合幹部、学識経験者など521名が参加して、「変革日本の針路〜企業活力再生に向けた労使の役割〜」をメインテーマに企業経営・労働組合運動の課題について理解を深めました。 奥井禮喜はパネルストとして出演しました。
http://www.gr.energia.co.jp/cpcenter/asue/pdf/0408.pdf