NO IMAGE

100年過ぎても

 国際政治学が本格的に研究されるようになったのは1914年ごろで、第一次世界大戦勃発が刺激になったらしい。  戦争は軍人の仕事で、国際政治は外交官の仕事である。と誰でも考えるが、外交官は国...

NO IMAGE

hopeless fool

 「解散の狙いの第一は、モリ・カケ疑惑をチャラにしようという戦略。  たまたま北朝鮮問題が盛り上がってきて、こちらへ国民の視線が集まれば、蕎麦をくっているのも忘れるに違いないと考えましたね...

NO IMAGE

危機管理は?

 制裁を心地よげに演説する安倍氏を見ていると、わたしは心底剣呑な思いがする。なんとなれば、制裁はまちがいなく、すでに戦争しているからだ。  日本的チャンバラ時代を思えば、城を囲んで水責めに...

NO IMAGE

さもありなん

 威嚇や恫喝は、いかに間接的表現を駆使しても本質的に品がない。とはいえ、直截的にやってしまうとまったくヤクザ者と同じになる。  トランプ氏の国連演説には、予想していたけれども、いかにも下品...

NO IMAGE

ダーティな性根にグッドバイ

 10月10日公示・同22日投票の総選挙になりそうな気配だ。  はっきりしたことがある。安倍氏は、モリ・カケ問題をきちんと解明するために答える気がない。  正確にいうと、きちんと解明すれ...

NO IMAGE

受けて立とうじゃありませんか

 わたしが思うに、いまの日本社会の最大の問題は、人々が、自分が関わって社会をよくしたいという気風が見られない。  すなわち、典型的アパシー症状である。  わたしは1990年代には、日本社...

NO IMAGE

38度線分断の歴史的報復

NO.1216  金日成は1932年ごろから関東軍(日本)が幅を効かせる満州で抗日パルチザンに参加し、40年にはソ連の旅団で大尉として活動、45年10月元山港から帰国した。金日成は中ソ「血...

NO IMAGE

風情なき世情ではございますが

 秋のながあめ、秋霖、秋黴雨(あきついり)------秋雨前線によって、秋入梅の風情を、柄にもなく窓から眺めている。  内外にごたごた少なからず。  野党が臨時国会を開けと要求した際は、...

NO IMAGE

警報ばかり鳴らすな

 「国際社会の一致した平和的解決への強い意志を踏みにじり再び暴挙をおこなったことは断じて容認できない」と、安倍氏発言。  言いたくはないが、お陰さまで内閣支持率が回復した。まさしく天佑だと...

NO IMAGE

国連総会

 またまた北朝鮮がミサイル発射で、怪しからん、の大合唱である。当然だ。たまたまミサイル発射による被害が発生していないが、危険極まりない。  気がかりは、表面上、なんら関係国が接触していない...

NO IMAGE

去る者は追わず

 民進党は離党者を慰留するべきではない。  仮に慰留されて残ったとしても、連中が挙党体制のために努力するわけがない。あえていうが、もともと自民党から出たかった連中が「腰かけ就職」したに過ぎ...

NO IMAGE

本質は米朝問題だ

 中国が北朝鮮の後見人だというのは俗説である。  報道でわかっているだけでも、むしろ不仲というべきである。金正恩が叔父の張成沢を処刑したのが13年。彼こそ中国とのパイプだった。今年2月には...