NO IMAGE

羊頭狗肉

 メルケル首相の連立工作が実らず、9月に選挙したばかりだが、再選挙の可能性もあるらしい。ただし、前回とあまり変わらない結果が予想される。  メルケル氏の動向が注目されるのは、はっきりしてい...

NO IMAGE

忖度! 背任が濃厚だ

 会計検査院は、国の収入支出の決算を毎年すべて検査する。憲法第90条2項によって、行政機関であるけれども、内閣に対して独立の地位となっている。  会計検査院が、森友学園への国有地売却に関す...

NO IMAGE

笑いの原点

 先日、孫娘のバレエ発表会を見に行った。4,5才から中年世代まで、幅広い年齢層の女性たちがさまざまなジャンルのダンスを披露していた。年配女性たちのエレガンス、若い女性たちのヒップホップなダン...

NO IMAGE

5か国の連携

 トランプ氏が北朝鮮をテロ支援国家に再指定したのは、依然としてアメリカ側に打つ手が(確定してい)ないことを意味するだろう。  宋濤氏の北朝鮮訪問が奏功しなかったからだとする説は当てにならな...

NO IMAGE

裸婦のデッサン

 今回のスクーリングは裸婦の木炭デッサンである。モデルさんは1ポーズ20分で5分の休憩を入れて、それを同じポーズで1日に16回。まる2日間ずっと続けるのだから大変な重労働である。学生も疲労困...

NO IMAGE

微妙に見えるが大きな違い

 中国共産党の対外連絡部長・宋濤氏の訪朝が終わった。  目下、中朝の発表では、どんなことが話し合われたか、宋濤氏が金正恩氏と会談したかどうかもわからない。  新聞報道では、中朝関係改善に...

NO IMAGE

門外漢

 歴史は、1人ひとりが作っている。  これを大きく考えると、理性と野蛮の対抗戦が続けられている。たとえば北朝鮮問題だが、北のK氏もアメリカのT氏も、本当のところは衝突したくはないであろう。...

NO IMAGE

逆走の時代

 幸徳秋水(1871~1911)が『帝国主義』を記述したのは1901年である。  アメリカ事情について次のような予測を記した。  ――将来、米国が生存の危機ありとすれば、領土拡張や、内部...

NO IMAGE

他国の懐ではあるけれども——

 2018年度米国防予算上限7,000億ドル(78.8兆円)を上院が可決した。  従来ならば基本予算(兵器+給与)5,490億ドルであった。それをトランプ氏が6,030億ドルに引き上げたも...

NO IMAGE

浮かれていられるか?

 世界的に株価・住宅・債券(資産価格)が高水準だが、長期金利が下がり続けている。  要するに企業が資金を借り入れない。貯蓄過剰と生産性が上がらないのが原因だ。実質金利が実体経済を反映すると...