ウクライナ戦争の状況

ウクライナ戦争の状況

 9日、クリミア半島のロシア空軍基地での爆発について、ロシアは事故だと発表した。ウクライナは沈黙しているが、アメリカなどはウクライナ側の攻撃だろうと推測している。  同日夜、ゼレンスキー氏...

不細工な改造内閣

不細工な改造内閣

 岸田氏の采配は、目下、表面取り繕い型に見える。  内閣改造を前倒ししたのは、国葬問題を抱え、旧統一教会と自民党議員の癒着関係に対する批判が拡大することを封ずる狙いだろう。  旧統一教会...

半端でない米国の内患

半端でない米国の内患

 米国で国内半導体支援法案が成立した。バイデン氏は一世一代の大仕事と語った。政府補助金520億ドル・税額控除240億ドル(推定)・向こう10年間に研究促進のために2,000億ドルという大盤振...

真夏の神頼み

真夏の神頼み

 コロナ感染状況、東京は昨日10万人当たり1,552.26人で、3日間連続で下がっている。全国の感染者数と退院者数も、退院者数が感染者数を1.2倍上回った。この傾向はピーク超えの特徴の1つで...

閉会中審査

閉会中審査

 国会閉会中でも、衆参両院の常任委員会・特別委員会は、議院の議決があれば閉会中審査をおこなう。どうにかこうにか、今回閉会中審査をおこなう模様である。当たり前だ。  議員は議会において論議す...

危機は政治家が作る

危機は政治家が作る

 ペロシ訪台に抗議報復する中国の演習は、台湾の海上・空域封鎖である。以前から検討していた内容が表面化した。  台湾海峡とバシー海峡が封鎖されると、生活を輸入に頼る台湾は動きが取れない。 ...

混迷のハーケン

混迷のハーケン

 米国11月の中間選挙で、民主党の敗退が予想される。ペロシ氏は議長職を去るので、訪台がセンチメンタルジャーニーで、レガシーを作るという説もある。  センチメンタルジャーニーならば、個人的趣...

信頼できるか!

信頼できるか!

 恐るべき破壊と殺戮の兵器を政治家と軍人の手に持たせている。  権力を握っている諸氏が「人間の尊厳」(基本的人権)の意味を、十二分にわかって行動しているだろうか。  彼らの多くが、恰好つ...

軽挙妄動

軽挙妄動

 外交の原則はお互いの内政に干渉しないことだ。それをやれば喧嘩外交である。ペロシ氏訪台は、いまのところ中国の厳しい軍事演習という対抗策だが、そうでなくても米中関係は根本的対立にあり、事態悪化...

オデーサを出航

オデーサを出航

 8月1日、ウクライナのオデーサ港から、トウモロコシ2.6万トン積載した貨物船ラゾーニがレバノンをめざして出発した。  7月22日に積み出し合意して、翌23日にロシアがオデーサを砲撃して、...

顔を洗って出直せ

顔を洗って出直せ

 聖域だらけの予算概算要求基準で、今朝の朝日新聞社説は、「役割放棄も同然だ」と批判する。その通りである。  だいたい、聖域とはなんだ! 神聖侵すべからずで、比喩的に手を触れてはならない意味...